1959年 11月 合資会社米喜製作所の熱処理分門から独立し、株式会社 東京ハードフェイシング設立
1960年 9月 東京工場に第1期設備計画完了
1962年
1月
12月
東京工場に第2期拡充計画完了
石油精製、プラスチック、鉄鋼、セメント、造船、建設機械用部品へハードフェイングと窒化処理などの表面改質の需要が拡大し、機械加工までの一貫生産を確立
1964年 7月 米国最大の金属表面硬化材メーカーであるSTOODY社と日本総代理店契約を締結し、同社の最新技術を導入、大型窒化炉を完成
1967年 2月 茨城県結城市に溶接・機械工場を建設、ロール肉盛・機械加工の一貫作業開始
1968年   TIG自動溶接機によるステライトオーバレイ自動化を確立
1971年   結城工場第2期拡張計画完了
1979年 2月 米国クレーン社と日本総代理店契約を締結、石油精製プラント用特殊バルブ(スライド・バルブ)を販売開始
1980年 3月 バルブ用シートリングの月産10万個生産体制を確立
1981年   結城工場第3期拡張計画完了
1992年 4月

12月
米国Enpro System社とアジア地区総代理店契約を締結し、FCC装置用スライドバルブ、バタフライバルブ、プラグバルブの販売を開始
竪型粉砕ミル用ローラー・テーブルライナー肉盛り溶接施工技術を確立
1998年 11月 米国US Steel社へ熱延ダウンコイラーロールを直接納入
2003年 3月 台湾営業事務所を開設
2003年   超高圧ケーブル用副資材の取引開始
2005年   結城工場へ第4拡張工事として精密部品工場を増設完了
2007年   Enpro Systems社とTapco International社の合併に伴い、TapcoEnpro International社の日本総代理店契約を締結
2007年 4月 米国DeltaValve社ディレイドコーカー用Unheading Deviceの日本・韓国・台湾の総代理店契約を締結
2010年 5月 DeltaValve社Unheading Deviceを国内初導入

商事部門 エンジニアリング部門 製造部門